手首が動かない(橈骨神経麻痺)の改善
ホーム > 手首が動かない(橈骨神経麻痺)の改善

手首が動かない(橈骨神経麻痺)の改善

 下垂手(かすいで)

 ● 朝起きたら 突然 手首が垂れっぱなしで 動かない

 ● 物を掴んだりできない 箸やペンが握れない


橈骨神経麻痺といわれた

 主に上腕の中央部にある橈骨神経(とうこつ しんけい)が圧迫されて
  麻痺をおこし 
手首が垂れ下がった状態で 下垂手 ともいいます 

 この神経は外からの刺激を受けやすく 圧迫されると しばらくして
 圧迫箇所より
抹消が 麻痺するため手首はだらんと垂れ下がった状態に
  なり 箸もぺンも握れなくなります
 
 通常、3~4カ月程度で自然回復を待つようです
が 確かではありません
 そのまま回復しないで手首が垂れ下がった状態で拘縮してしまい
 場合によっては神経の圧迫をとる手術をしなくてはならない場合も
 あります

 
橈骨神経麻痺による下垂手の治療

 

当院の治療
 干渉波通電を行い 麻痺して下垂した関節(間欠的)に屈伸させます
 ●超音波と手技で圧迫部分を柔らかくします

 ●自発的に動くように誘導をし 可能な限り早期回復を目指します
  
 ●3~5週間の回復を目指します(症状によって
個人差があります)

 ●取り外し可能な 垂下がり防止の装具をつける場合があります

(保険はつかいません) 

   ★保険外自由診療 (但し 原因があり受傷直後の場合、保険適用可)   
   ★予約はいりません(午後は予約制) 

   ★施術時間 約25分 (理学療法+手技)

   ★週に2回程度

費用 ★自由診療・・・ 初回 3000円(初診料1000円)
                   2回目 ~ 2000円   ※材料費は別途

    

     (下垂手)諦めないで一緒に治しましょう

 

 

 

 

 

過去の記事