いつまでも続く坐骨神経痛や狭窄症の痛みやシビレについて
ホーム > いつまでも続く坐骨神経痛や狭窄症の痛みやシビレについて

いつまでも続く坐骨神経痛や狭窄症の痛みやシビレについて

2016年02月15日(月)6:19 PM

毎日、寒い日が続きます。
こんな寒さでは 体が硬くなり痛みやシビレが強くなったりしますね。 

寒さで 筋肉が硬くなり血流や神経の伝達も悪くなり 痛みやしびれが出たりして悩んでしまいます。

特に むち打ち症が原因の手の痛みとシビレや 神経の伝達不良が原因の脊柱管狭窄症坐骨神経痛には悩まされ、手術をしたのに
いつまでも 痛みが続くとお悩みの方も たくさんいらっしゃいます。

当院では 患部を温罨法(温泉のようにじんわり温めていく方法)しながら 硬くなった組織を超音波を使用しながら丁寧にほぐしていきます。
さらに スーパーライザーを使用して、身体の深部から血流や神経の伝達を良くしていき 痛みやシビレなどの不快な症状の改善を行っています。

頑固な痛みやシビレがいつまでも治らないと諦める前に 一度ご相談下さいませ。

 

 

 



«   |   »

過去の記事