坐骨神経痛について
ホーム > 坐骨神経痛について

坐骨神経痛について

2014年08月22日(金)8:32 午後

これは,辛い
この痛み、経験者だから言えます。
痛む方の足に体重をかけると 腰から足首まで強烈な痛みが走る、電車の中で立っていると痛みやシビレがきて身体の置き場がない 座ればまた痛む
100メートルも歩くと痛みが腿からフクラハギにかけて強烈に走り、お尻のホッペが大型のペンチでむしりとられるような痛みに見舞われ、筋肉が硬直して歩けなくなる。
ひどくなると 仰向けに寝ることも うつ伏せに寝ることも 寝返りも出来なくなる

多くは腰椎捻挫や椎間板ヘルニアまたは予備軍のしわざだ。  
言うまでもない腰から出ている坐骨神経が圧迫され炎症をおこしてしまった状態ですが、背骨が曲がっていたり老化で腰椎が変形しているから起きるとは限らない

再発もしやすいから一時しのぎではなく根本的に治したいものです。 
では どうすれば治る?

これが厄介者、引っ張ったり温めたり いろいろ試す、ひどい時にはブロック注射も坐薬も効かない・・
私の経験から 安静が一番ですが、まずは腰が沈む椅子やベットを使わない、クルマに乗って長距離を移動しない 電気毛布を使わない 揉んだり 指圧したり 捻ったりしない

炎症の元になっている骨格や筋肉の歪みや緊張を正して神経の伝達を改善してあげる それも 出来るだけソフトに・・・・そうすると 時間は個人差がありますが いつの間にかすーっと楽になってきます。    もちろん レントゲンやMRIなどで異常個所を検査することは大切で、手術や投薬が必要な脊椎の疾患は別の話です。

では具体的にどういう治療をすればいいのでしょうか? これが難しい技の勝負ということです。


この辛さの改善法 次回に・・・

 



«   |   »

過去の記事