交通事故治療 
ホーム > 交通事故治療 

交通事故治療 

交通事故の治療で後悔しない為に知っておくべきポイント。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・ 

交通事故の治療では基本的に患者さんの治療費の負担は 0円。
交通事故では治療費は自己負担はありあません。

受傷したら、すぐに医療機関を受診しましょう。

受傷後はすぐに医療機関を受診しましょう。その際に痛む場所を遠慮なく伝えましょう。
むち打ち症などは事故直後は緊張のあまり痛みを感じないで後日、痛みが出る場合が多くみられます、
痛みを感じたら、間隔を空け過ぎずに速やかに傷む箇所を訴え診断していただきましょう。

日にちが経ちすぎてからから訴えても認めてもらえない場合がありますので注意を要しますね。

例えば:肩と首と背中が痛いと伝え、傷む箇所の診断書を書いていただきましょう。


接骨院と
整形外科の併用もできます。

保険会社の担当者によっては交通事故は接骨院では治療ができないと説明することがありますが、そのようなことはありません。
柔道整復師は、骨折、脱臼の応急処置と打撲、捻挫、挫傷、骨の施術は法的に認められていますので何ら問題はありません。

現在、整形外科で治療を受けていても患者さんの意思で転医することや、お薬の処方や定期的な診察を受けながら当院でリハビリを受けることもできます。

当院では提携の専門医もご紹介できますし、
多くの患者様が定期的に整形外科を受診しながら当院で治療を受けられていますから、御安心下さい。
(接骨院で治療を受ける)とハッキリ伝えましょう。

治療の間隔を空けてはダメ
痛むのに治療の間隔を空け過ぎると その間は日常生活に支障がないとみなされ、治療を受けられなくなる場合がありますから、痛みがあるうちは絶対に間隔を空けたり
治療を途中で止めたりしないでください。

もうちょっと詳しく
▼▼  ▼▼  ▼▼

治療費や慰謝料について

交通事故で人身傷害を負われた被害者の一番の願いは、「事故前の体に戻してほしい。」ということだと思います。
しかし、日本の法律では、交通事故によって被った損害は金銭による賠償が原則です。

被害者が加害者側に対して「何が請求できるの?」と言えば、適正な金銭による請求しかありませんね。
例えば、治療をしたら治療費、後遺症が残ったらその賠償、看護が必要なら看護費用、身体的精神的な苦痛には慰謝料というように・・・


自賠責保険は人身事故の被害者救済という重要な目的があり、この為、たとえ過失割合により不利な立場であっても自賠責保険を使い通院・治療をすることが出来ます。

自賠責保険では被害者1人あたりの保険金の支払い限度額は、被害者の死亡が3千万円、重度の後遺障害は4千万円、ケガは120万円。

自賠責だけでは被害者の賠償が足りないことが多く、自賠責保険とは別に、損害保険会社による任意保険に損害賠償を請求することができます。

賠償される損害は大きく分けて三つ。

治療費・入院費・付き添い看護費・交通費・葬儀費(胎児も含) 休業損害 : 事故で仕事を休んだ場合の賠償(主婦のパートも含む) 慰謝料 : 自賠責保険では傷害慰謝料は通院1回あたり4200円が被害者に支払われます。
後遺症の損害:事故によって身体やその働きが将来に於いても回復が困難と見込まれる傷害が残り、労働や日常生活に支障がある場合をいいます。

自賠責だけでは不足という場合は、任意保険からの支払いとなります。
また、傷害の程度(等級)によってもその額は変わってきますが、基準となるのは、入院や通院の実日数で、日数によっては、後の慰謝料の査定にも大きく影響いたしますので、治療の間隔を空けすぎたり途中でやめたりしないできちんと治療を受けられることが大切かと思います。

以上、概略でした。

当院では、交通事故の被害者救済を専門に対応している弁護士さんをご紹介できますので御遠慮なくご相談くださいませ。



横浜市旭区 二俣川の交通事故治療は
みむら接骨院

当院には、交通事故治療の方も多くご来院しています。
通院時間が取れない方も安心です
働きながらでも通院治療はできますし、なかなか通院時間がとれない方でも
柔軟に対応しますので 
どうぞ、お気軽にご相談下さい。
presentbanner_20140305

 

過去の記事