腰痛/ぎっくり腰/坐骨神経痛:Low back Pain
ホーム > 腰痛/ぎっくり腰/坐骨神経痛:Low back Pain

腰痛/ぎっくり腰/坐骨神経痛:Low back Pain

急性腰痛の原因と対処法

いわゆる(ぎっくり腰)について

ぎっくり腰は、医学的な呼び方ではなく、専門用語では「腰椎捻挫」と診断されるものです。
症状は急激な激しい痛みの為に、立ったり座ったり歩いたりすることが出来なくなります。
その症状は突然起こるため欧米では「魔女の一撃」とも言われています。
発症の原因は?
朝、顔を洗おうとして屈んだ時
床にある物を持とうとした時
靴を履こうとした時
ベットから起きようとした時・・・・・
こんな小さな動作の時が多いようです。

ぎっくり腰はどこがどうなったのでしょうか?

腰椎や腰椎と骨盤の関節靭帯がひねられて損傷したもの(椎間関節捻挫 仙腸関節捻挫)
腰部の周辺の筋肉や筋膜を損傷したもの(筋筋膜損傷:肉離れ)
腰椎と腰椎の関節がズレてしまったもの(椎間関節の亜脱臼)
などが考えられます。

仙腸関節の靭帯を損傷した場合 (腰痛の原因で一番多いようです)

仙腸関節の靭帯を損傷すると腰の下の骨盤の付け根あたりに強い痛みを感じます、時に仙腸関節が僅かですがズレたりします。
この為、初期の痛みは軽減しても、骨盤が傾斜したままになり、その為、坐骨神経を圧迫したりする為
お尻の中心部がもぎ取られるような痛みがでたり、太ももからフクラハギまで痛みが出るいわゆる坐骨神経痛がでたりする場合があります。

椎間関節の靭帯を損傷した場合 (椎間関節捻挫)

屈んだ状態で急に起きようとしたり、物を持ちあげようとしたり、して腰を伸ばそうとした瞬間に起こることが多くクシャミや咳をしたりして、腰椎や椎間板周辺に急な圧力がかかった時でも起こります。発症の瞬間に、腰椎と腰椎を支え椎間板を保護している靭帯が損傷してしまうことです。

腰椎の関節靭帯を損傷すると腰を曲げたり捻ったりすることは全くできなくなり寝返りも出来なくなってしまいます。痛みは腰の中心部や、左右数センチ付近に強い痛みを感じます。

椎間関節が、同時に亜脱臼することもあります

いわゆる、関節の組み合わせが、衝撃によってズレてしまうことです。
僅かなズレの為に、レントゲンでは分かりずらいようです。
ズレる個所は椎間関節や仙腸関節ですが、事故などによって激しい外力がかかっておこるものとは違い、わずかなズレ(亜脱臼)ですが、強い痛みを感じ、同時に靭帯を損傷することもあります。このズレが整復されれば、痛みは短時間で解消されますが、筋肉や靭帯の損傷があれば痛みは長引いたりします。
したがって「ぎっくり腰は一発で改善」とはいきません。
状態をよく見極めないで行うむやみな整体は症状を悪化させてしますことにもなりますから、注意を要します。

筋肉や筋膜が損傷した場合

骨盤を土台にして上半身や下半身を支えたり動かしたりする筋肉に強い力をかけた時の起こります。
痛みは背骨を中心にした左右の筋肉に強い痛みが出ます。
軽く押しただけでも痛みが出ますが、痛みの範囲は比較的広範囲に出ますが、負傷した筋肉の場所によっては背伸びしたり股関節を動かしただけでも強い痛みが出ます。

 

adjaho image2

自宅で行う応急処置

●先ずは安静が第一です。
もっとも痛みの少ない姿勢で横になりましょう。(横向きになり膝を少し曲げた状態で寝る)
(仰向けの場合は膝の下にバスタオルを入れて膝を少し曲げて寝る)

無理をして、医療機関に駆け込もうとすると、通院の行き帰り、待合時間等で かえって痛みが増す場合がありますから 受診は、起き上がりや移動が出来るようになってからでもよい場合があります。
●患部を冷やすこと(冷却は、アスピリンに勝る鎮痛剤)
痛みの感じる患部は部分的に損傷している場合がほとんどですから、熱感があり、圧痛が強く、深部が炎症を起こしています。痛みは炎症が原因ですから、患部を冷やすことが大切です。
冷蔵庫の氷をビニール袋に入れて氷嚢を作り、15分程度冷やしましょう。
冷却は、一日に数回行います。これにより痛みはかなり軽減してきます。その後は徐々に温めていきます。
炎症が治まるまでは、入浴・簡易カイロ・電気毛布などの使用はやめましょう。自宅に痛み止め等があれば服用もいいでしょう。

ぎっくり腰を根本から改善する 当院の治療法

ぎっくり腰で1週間も寝たきりになった。整体をしたら返ってひどくなったという方もいらっしゃいます。当院では痛みの種類と、場所の特定をしたあとに、炎症の除去と損傷した患部の修復を行います。
 
負傷した患部は、炎症部分がなくなると、逆に硬くなり、弾力がなくなってくるので、受傷前の組織の戻すために患部の血流を促進させ、組織を丈夫にしていくための、温熱療法や手技により、筋肉や靭帯を和らげて、歪んだ骨格を正しい位置に修復する施術を行います。
 
日数が経ち、徐々に痛くなった腰痛の場合
ぎっくり腰ほどではないものの、重量物の運搬や、同じ動作の繰り返しなどで、徐々に組織が損傷されると痛みは急激には来ないで、重苦しさから始まり、日数が経つにつれ痛みが増してきたり身体が歪んだり腰を伸ばせなくなったりすることがあります。

これは、小さな腰痛を放置したために少しずつ筋肉や靭帯に傷がつき、傷が自然に治ると同時に組織が瘢痕化して硬くなり、その為に筋肉や神経組織の血流が悪くなってしまい、痛みが出てしまうのです。
そして、腰を中心とした筋肉の働きがアンバランスになり、その結果骨盤が傾いたり、背骨が歪んだりしてしまいます。

骨盤の歪みは、筋肉の肥厚化や弱体化により、左右のバランスが悪くなった状態で、放置すると慢性の腰痛の原因になります。

繰り返すと坐骨神経痛になりやすい

腰椎のすぐわきから出ている坐骨神経が硬くなった組織で圧迫されたり神経組織の血流が悪くなると、阻害されている末梢の神経の伝達が悪くなり、強いシビレや痛みが出ます。
これが、坐骨神経痛です。
坐骨神経痛は椎間板ヘルニアの代名詞のように思われがちですが、そればかりではなのが分かります。
痛みに耐えきれず、歩行困難になり、痛む足の筋肉が低下して、健側に比べ,半分くらいの細さになってしまうこともあります。
椎間板ヘルニアとの鑑別は絶対必要ですが、ヘルニアや脊椎の病変がない場合は、ぎっくり腰や小さな腰痛の繰り返しにより、坐骨神経を肥厚化した筋肉や、靭帯によって圧迫したり、血流を阻害してしまうため、伝達が悪くなり、シビレや痛みが神経の通り道に沿って起こるものです。
痛みは骨盤の付け根からお尻の中心部や腿(モモ)の裏側や下腿の小指側とアキレス腱あたりまで出現し,歩行困難になる人もいます。

当院の腰痛治療は根本治療を目指しています

腰痛を早く改善するために、痛みの原因を探り、硬くなった筋肉や靭帯を弾力ある組織にして歪んだ骨格を矯正していきます。
筋肉の肥厚化には最新の理学療法機器を使用して血流を促進させてゆき軟らかく弾力のよい筋肉に戻していきます。

歪んだ骨格は筋肉を軟らかくした状態で、無理なく矯正をしていきます。
繰り返す腰痛で筋肉が巨大に肥厚化したりしていると簡単には改善されなくなり生涯にわたり腰痛で苦しむことになりかねません。
一日でも早く改善をし腰痛のない日々を過ごしたいものです。
炎症には炎症を改善して痛みや腫れを改善する最新の理学療法機器を採用しています。
組織の柔軟性と弾力性を作ってゆく腰痛改善に適した最新の理学療法機器を採用しています。
組織の血流を促進し神経の伝達をよくする最新の理学療法機器を採用しています。
経験豊富な治療技術と、手技の組み合わせによって根本から腰痛を改善しています。
腰痛治療ひとすじ30年以上!
ぎっくり腰や繰り返す腰痛でお困りの方、ご遠慮なくご相談ください。
presentbanner_20140305

 

過去の記事