突き指 捻挫 Sprain
ホーム > 突き指 捻挫 Sprain

突き指 捻挫 Sprain

突き指・捻挫:Sprain

突き指は球技中に起きる傷害では最も多いといわれています。

  • 指が変形している
  • 指が左右にグラグラする
  • 指の関節が全く曲げられない
  • 腫れががひどく 痛みが強い

等の症状が出ている場合は靱帯断裂や骨折の可能性が高く、そのままにしておくと関節が大きく変形したり、指が曲がらなくなってしまう後遺症が残ってしまう事があります。このようにならないためにも まずは 整形外科にて 詳しい検査を受けましょう。


《突き指は変形しやすい》

骨折が無い靭帯損傷だけでも変形しやすく、正しく整復をして固定をしないと、時間とともに指が曲がってしまう場合があります。こうなると  修復はなかなか大変で、女子の場合、将来的に指輪が入らないなんてことになりますね。

又、やたらに 引っ張ると症状を悪化させることがあるので要注意です、先ずはレントゲンやエコーで骨折や靭帯の損傷が無いか調べる必要があります。

骨や靭帯に損傷が無くても、一定期間の固定をすることで、指の変形は防ぐことが出来るので、きちんと固定をして、腫れや炎症を早くとりましょう。

当院では、骨折の疑いのある場合は、速やかに応急処置を行い、専門医をご紹介いたします。


《突き指の治療》
靭帯損傷の突き指には、冷却と固定を行ない、同時に損傷部分に微弱電流通電し、損傷部分の炎症の除去と修復を行います。
症状が安定したら、特殊な理学療法やリハビリを行い 腫れの除去と関節の動きを良くします。

できるだけ速く 腫れと 痛みを取り 変形の無い きれいな指になり 復帰ができるように努力をいたします。

 

過去の記事