交通事故による ムチウチ症・頸部捻挫の治療
ホーム > 交通事故による ムチウチ症・頸部捻挫の治療

交通事故による ムチウチ症・頸部捻挫の治療

ムチウチ症(頸部捻挫) 症状:Whiplash injury

 頸部捻挫は 交通事故に限ったことではなく、激しいスポーツや日常生活において、急激な首の屈曲や捻転などで起こりうる負傷です。
主な症状は頚部や背部の痛みですが、負傷の程度により頭痛・めまい・吐き気・耳鳴り・筋力低下や 手のシビレ・運動制限 ・倦怠感や不眠に悩まされる場合もあります。

特に一番つらいのが、肩から後頭部にかけての強いコリや痛みとシビレや吐き気のようです。 これらの症状は発症直後より翌日以降にでることが多く、時に数日後や人によって数週間後~数年後に発症する場合があります。

当院の治療の流れ

 交通事故等において、受傷直後は専門医にてレントゲン検査等を行っていただき、重篤な神経の損傷などがないかの診断が必要です。


1・炎症を取る

 負傷後 間もない場合は、患部の炎症が強いため、揉む 牽引する 電気をかける などの治療法はかえって痛みが増す場合が多く、特に、頸椎の牽引で痛みが返ってひどくなったという方がいらっしゃいます。
これは 炎症が強い急性期に、痛めている頸部の筋肉や靭帯にストレスをかけてしまうためです。
例えば、急性期の突き指・捻挫に電気をかけたり引っぱたりして、かえって腫れあがった というのと基本的には同じわけです。
 急性期は一定期間、安静を保ち、炎症や痛みを軽減する治療法を行ないます。(冷罨法)(微弱電流治療) (場合によっては固定法)
この治療は痛くも かゆく もなく、ビリビリした感じはまったくなく、比較的早い時期に痛みが軽減するのが分かります。

2・組織の血流を良くしていく
 ある程度痛みが軽減した後、徐々に弱った筋肉や靭帯の強度を回復する治療を行っていきますが、この期間には頸部周辺の組織が硬くなって、強いコリやシビレなどの症状が出やすくなっているので
首や肩などの組織を柔らかくして、微妙な頸椎のズレを改善し、コリや痛み、シビレの原因を作らないようにしていきます。

 3・筋力や関節可動域の回復をしていく
 痛みやシビレが軽減しても、筋肉や靭帯の強度や弾力性が弱り、重たい頭部を支えるの充分な強さに戻っていない為、積極的に筋力強化と関節の動きを良くするリハビリを行って行きます。

(むち打ち症)がなかなか改善しないとお悩みの方、ご遠慮なくご相談下さい。

過去の記事