ムチウチ症(頸椎捻挫)の治療
ホーム > ムチウチ症(頸椎捻挫)の治療

ムチウチ症(頸椎捻挫)の治療

ムチウチ症 (頸部捻挫) 症状

 頸部捻挫は 交通事故に限ったことではなく、激しいスポーツや日常生活において、急激な首の屈曲や捻転などで起こりうる負傷です。

主な症状は頚部や背部の痛みですが、頭痛・めまい・吐き気・耳鳴り・筋力低下や手のシビレ・運動制限 ・倦怠感や不眠に悩まされる場合もあります。


特に一番つらいのが、肩から後頭部にかけての強いコリや痛みとシビレや吐き気のようです。 これらの症状は発症直後より翌日以降にでることが多く、時に数日後や人によって数週間後~数年後に発症する場合があります。

当院の治療の流れを説明いたします。

 交通事故等においては、まず、受傷直後は専門医にてレントゲン検査等を受けましょう。
1・炎症を取ります
 負傷後 間もない場合は、患部の炎症が強いため、揉む 牽引する 電気をかける などの治療法はかえって痛みが増す場合が多いので行いません。

※ 急性期は安静を保ち、炎症や痛みを軽減する治療法 (冷罨法) (微弱電流治療)を行います。
この治療は痛くも かゆく もなく、ビリビリした感じはまったくなく、早期の炎症と痛みの除去を促します。

2・組織の血流を良くしていきます
 ある程度痛みが軽減した後、徐々にこわばってしまった 筋肉や関節を柔らかくしていく治療を行い、微妙な頸椎のズレを改善し、コリや痛み、シビレの原因を作らないようにしていきます。

 

 3・筋力や関節可動域の回復をしていきます。
 痛みやシビレが軽減しても、筋肉や靭帯の弾力性が弱り、重たい頭部を支えるの充分な強さに戻っていない為、筋力強化と関節の動きを良くするリハビリを行い、後遺症の残らない お身体になるようにお手伝いさせてただきます。

当院では、首を捻ったり、強く揉んだり 圧迫したりすることは一切行いませんのでご安心くださいませ。

スーパーライザー治療法  頑固な痛みやシビレには スーパーライザーで血流と神経の伝達を改善していきます。

治療をしていても なかなか改善しないと お困りの方、ご遠慮なくご相談下さいませ。

  

過去の記事